アルバイト 弁償

アルバイト中にお店の商品を壊した場合弁償させられますか?

会社・お店で働いていると、色んなことが起きます。

 

その中でも、ありがちなのが商品や会社にあるものを
壊してしまうということがあります。

 

その時って、アルバイトが弁償しなくてはいけないのでしょうか。
ここって凄く微妙なところですよ。

 

会社が勝手に、給料から天引きするようなことはできません。

 

例え、お店の物を壊した・商品を壊したなどがあった場合でも
勝手に給料から弁償代を引くことは、基本できません。

 

法律では、「給料は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」
という決まりがあるので、給料の全額支払いの規定を設けています。

 

給料の天引きが、例外として許可されているのは税金などなどです。

 

「労使協定」で決められたものも天引きをすることができますが
そのためには、損害額が決まっている場合のみに適用されます。

 

労使協定で、それを事前に決めておくということはできません。

 

損害賠償額を定めることも禁止されているので
・給料をもらうこと
・商品を故意ではなくても壊してしまったこと(弁償すること)

 

この2つは、まったく別の話ということです。

 

仮に、アルバイトの契約をする際に
「商品を壊したら、弁償してもらいます」という内容だったとしても

 

給料から天引きされるのではなく
給料とは別に、「弁償金を払いなさい」と言われるのは

 

契約上は致し方ないかとは思います。

 

ただ、余程のことがない限りは
このような会社はないかと思います。

 

逆にそんな会社で仕事したくないですよね?

 

もし、商品を壊してしまうことがあったら
それは、もちろん壊してしまったわけですから謝りましょう。

 

ただ、おそらくほとんどの会社・お店で
「弁償しろ!」とは言わないと思います。

 

給料から天引きの場合は、一度その会社の本部などに
確認を取った方が良いかと思います。