アルバイト 確定申告

アルバイトは確定申告をしなくてはいけないのですか?

アルバイトが確定申告ってどうなんでしょう?

 

一緒に働いている仲間と、たまにそんな話もしますよね。
会社が全部やってくれているから、必要ないと思っていませんか?

 

アルバイトが確定申告をするという印象はありませんが
明確にはわからないですよね。

 

回答

働いている場所が2か所以上あって
どちらからも給料をもらっている状態であれば
確定申告が必要になります。

 

アルバイトでも、給料から税金が引かれているように
税金を払っているわけです。

 

最終の税金は年末調整によって割り出されるので
本当はアルバイトの確定申告をする必要はないんです。

 

ただし、複数から収入がある場合。
2か所以上のアルバイトをしていて、給料をもらっているのであれば
基本的に確定申告が必要になってきます。

 

また別の話ですが、1年間の収入が103万円以下の場合は
所得が非課税となりますので、確定申告をした方がトクになります。

 

要は、確定申告をすれば給料から引かれた所得税が
「還付金」で返ってくるというわけです。

 

複数の場合は、各アルバイト先から「源泉徴収票」を発行してもらって
確定申告をした方が良いです。

 

気を付けて欲しいのが、税金に関わる法律に変わることが非常に多いです。
不安なことがあったり、疑問があったら勤務先の担当の人や税務署で確認することをお勧めします。

税金のこと。確定申告のこと。
本当に変わりやすいし、複雑で難しいですよね。

 

ですが、凄く重要なことなんです。

 

例えば、確定申告をしていなかったことで
気づかないうちに損をしている場合もあります。

 

少しでも疑問に思ったり、不安な点があったら
やはり専門の人に聞くのが1番ですから、そういうことがあったらすぐに確認をしてくださいね。