アルバイト 無断欠勤 給料

アルバイトで無断欠勤した場合の給料について教えてください

アルバイトが無断で欠勤した場合
給料って減らされるって聞いたことがあります。

 

これって本当ですか?
だからと言って、給料減らしたら違法じゃないんですか?

 

回答

決まりはありますが、違法ではありません。

 

当然の話ですが、勤務予定だったのに欠勤して
仕事をしていない時間は、余程の特別な規定がない限りは、給料が発生しません。

 

他にも、就業規則で決まっていることが前提ですが
会社には「懲戒権」という権利があります。

 

会社ではたくさんの人が1つの目標を掲げて仕事をする場所ですから
その目標を達成するための妨げになるような行為をしたり
周りに迷惑をかけたりする行為をした場合は、罰則を与えて秩序を維持しなければなりません。

 

その罰則の中の1つに「減給」があるんです。

 

ただし、減給する金額には上限があります。

 

1回の罰則で、1日の平均賃金の50%まで。
1ヶ月のトータルの額にしても、1ヶ月のお給料の10%までと制限されています。

 

雇用主は、この上限以上の減給をしてはいけないことになっています。

 

この内容は就業規則に規定しておく必要があるので
「次、もし無断欠勤したら罰金3万円払ってもらうからね」と言われたとしてもそれは無効となります。

 

ただ、そもそも減給されないとしても、無断欠勤や当日欠勤などは
社会人としてやってはいけない行為です。

 

アルバイトも、会社からお給料をもらっているわけですから
その会社やお店の従業員だという意識ををもって、責任感ある社会人として働いてください。

 

罰則に対しての不満を考える前に
無断欠勤をしたことに、深く反省をして二度としないようにしてください。

 

繰り返しになりますが、社会人として当然のことです。